未分類

仮想通貨リップルで未来はどう変わる?

更新日:





有名仮想通貨「リップル」ってどんなもの? 将来性はあるの?

2017年の後半から一気に知名度と価格を上昇させた有名仮想通貨である「リップル」はみなさんご存知ですか?

仮想通貨を始めたばかりという方はあまりわからないとは思いますが、その名前を聞いたことならあるかと思います。

まだまだ知らない方も多いと思いますので、仮想通貨「リップル」についての概要や将来性などについてお話しできればと思っています。

正直な話ビットコインよりも現時点で将来性がある仮想通貨だと思いますので、投資対象としても優れているかと思います。

リップルについて少しでも知ってみたいという方はぜひ参考にしてください。

リップルってどんな仮想通貨?

リップルは仮想通貨ですが、どのような仮想通貨かというと「国際送金」の分野で活躍することを見越して開発されている仮想通貨です。

現在の国際送金のシステムだと、多くの機関を介して送金手続きを行わなければならないため、多くの費用や時間がかかってしまいます。

そのため、ユーザーが支払う手数料も非常に大きいものとなってしまっているのです。

しかし、この国際送金優れた仮想通貨であるリップルをしようすることによって、それが改善されます。

リップルは圧倒的な送金速度を持っていますし、直接送金ができますので費用や時間がかかりませんし、送金手数料が非常に安いのでユーザーにとっても画期的です。

もちろん非常に多くの法定通貨に対応しているので、リップルは言ってしまえば世界共通通貨のようなものになりえます。

これを使って送金が行われるようになると、今までの国際送金の常識が覆されることになります。

それくらい優れた仮想通貨なのです。

現在リップルは送金実験に成功しており、その実用性が証明されています。

だからこそ2017年の後半に価格が暴騰しましたし、現時点でも仮想通貨のランキングでTOPの位置に存在しています。

すでに世界中の国々の中央銀行を提携しており、さらに国際送金に関連した企業の多くがリップルの送金システムを採用することを発言している現状です。

それが近い未来に実用化される事は時間の問題とも言えますので、実際にリップルが実用化された時の価格暴騰は現実的に非常に期待できるのではないでしょうか。

リップルが普及すると世の中はどう変わる?

リップルが国際送金に優れた仮想通貨で、送金速度送金手数料共に利便性が高い事は理解していただけたかと思います。

それでは、リップルが国際送金の手段として世界に普及し始めるとどうなるかはわかりますか?

もちろん利便性が上がるという回答でも間違いではないのですが、それに加えて起こることがあります。

それは

・銀行の仕事が減る

・世界の距離がさらに縮まる

という2つのことです。

銀行の仕事が減る?

現在銀行を通すことによって国際送金をすることができますが、リップルを利用することによって個人間での国際送金ができるようになります。

圧倒的にコストが抑えられ、送金速度も高いため多くの人間が銀行を介さなくなっていくことが予想されます。

そうなってきた時に確実に銀行の仕事は減ることになりますので、それは結果的に雇用の減少につながっていくでしょう。

また、リップルや仮想通貨が世の中に普及していくと仲介者という立ち位置がいらなくなっていきますので、そういった職業や仕事は減ったいくことが予想されます。

特に銀行はリップルの普及によって大打撃を受ける可能性が高いので、リストラや規模の縮小などが起こるかもしれません。

それだけの影響力をリップルは秘めているということを頭の中に入れておいて欲しいです。

世界の距離がさらに縮まる

銀行の話でいうと、リップルが世の中に普及していくことで少しデメリットがあるような感じがしたかと思います。

しかし、銀行のような仲介者が減っていくという事は、世界の経済には良い影響を与える可能性があります。

そもそもなぜ仲介者が減っていくのかというと仮想通貨は「管理人がいらないシステムを提供することが可能」だからです。

送金が早く手数料が安いという点も非常に注目されているのですが、リップルなどを含めた仮想通貨が本当に期待されているのはその技術です。

仲介者がいなくても何かができるようになるというのは、世の中のスピードを上げていくことになりますから延いては世界経済の発展に繋がっていきます。

しかし、仲介者がいなくなるという事は本当に能力があり、個人的に利益をあげられる人間が生き残る時代になっていくということも言えるのです。

個人的に利益をあげる能力がある人間がリップルのような仮想通貨を利用することによって非常に効率的に利益をあげられるようになるということです。

裏を返せば、能力がない人間は淘汰されていくような時代になる可能性が高いということになります。

世界の距離が縮まる事は、メリットでもあり、人によってはデメリットでもあるのです。

しかし、総合的に見た場合には世界的に経済の発展につながりますのでメリットといえるでしょう。

リップルが国内でも利用される可能性と圧倒的な将来性

リップルが普及するという話を少し世界規模でしましたが、日本においてリップルが普及することも十分に考えられます。

それは、企業単位でもそうですし、個人単位でもありえます。

個人間のお金のやりとりがリップルを使ったものになったり、国内における企業間の送金手段がリップルになる可能性もあるという事です。

リップルが国外国内で普及し、誰もが使っているような仮想通貨になる可能性は現時点でのリップルの実用性を考えるとありえない話ではありません。

そうなった時にリップルの価値は非常に高いものとなっているのはいうまでもありません。

2017年に価格が暴騰したのは、リップルの実用性が実験や銀行、企業の発言によって証明されたからです。

つまり、これから先実用化が進めばそれがさらに証明されることになりますので、さらなる価格上昇が期待できるということです。

その話は決して遠い未来の話でありませんから、リップルは仮想通貨の中でも頭一つ抜けて将来性を感じられるのではないかと思います。

リップルの将来性は仮想通貨の将来性

リップルに将来性があるというお話は今回の記事を通してわかっていただけたかと思います。

ただし、それは単純にリップルの将来性だけではなく、仮想通貨の将来性を示すことにもつながります。

基本的に仮想通貨は同じ技術を応用していますから、リップルが仮想通貨として初めて実用化に至ったとしたら、そこから仮想通貨の実用化ブームが始める可能性が非常に高いです。

そういう意味でいうと、世界経済の発展を担っている仮想通貨でもあり、仮想通貨の未来を担っている仮想通貨でもあるということです。

だからこそここまで世界から注目を集めていますし、銀行が注目をしています。

これからのリップルの動きに期待できそうです。

以上、リップルについての概要とリップルの将来性についてでした。


-未分類

Copyright© 仮想通貨リップルで未来はどう変わる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.